繰り返すニキビは皮膚科で治療

ニキビは一つでもできると憂鬱になるものですが、治ったと思ったらまた同じ場所にできる、という繰り返すタイプのものがいくつもできるとそのストレスは相当なものです。

しかしこれは30代以降くらいの方には意外に多く、大人ニキビと呼ばれます。月経前になると必ずできるという方もいますし、月経に関係なく常に繰り返しできるという方もいます。できる場所は人によって違いますが、ホルモンの影響を受けやすいあごや頬にたくさんできることが多いようです。

治療法は、若いころにできるものと同じやり方では治りませんし、かえって悪化することもあります。若いころのニキビは洗顔をこまめにして市販薬を塗っていたら治ったという場合が多いですが、大人のニキビは繰り返しできるのなら早めに皮膚科に行った方がいいです。

若いころと違って肌のターンオーバーが衰え、古い角質がいつまでもはがれない為に雑菌がそこに繁殖して炎症を起こしているので、これを強制的に剥がす治療をするのが手っ取り早いのですね。皮膚科で処方される治療薬は、ピーリングといって肌のターンオーバーを促進する効果のある薬なのです。

繰り返し炎症を起こす肌は、かなり抵抗力も弱っていますから、一回ピーリングで剥がしてしまってリセットするのが一番確実です。これによって肌を生まれ変わらせ、新しい肌はしっかり保湿して肌の抵抗力を高め、そこにまたニキビが繰り返しできないように鍛えることが大切です。大阪でニキビ治療したい方はぜひ検討してみてはいかがですか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *