ニキビ跡は治療で改善できる

頬などに出来てしまうニキビは、とても厄介な存在です。

ニキビが出来てしまった時には、皮膚科などで治療を受けると安心です。もし、自己流で間違った処置をすると、ニキビ跡として残ってしまいます。跡になってしまうと、色素沈着と呼ばれる跡の場合には、シミなどと同様の治療を受けたり、美白ケアを自分で行う事により、改善や完治する事ができますが、クレーターと呼ばれる、お肌が凸凹してしまった場合には、皮膚科などで治療を受けても、完治を期待する事ができない場合が多いです。

クレーターになってしまうと、完治させる事は難しいですが、目立ちにくくする事はできます。クレーターの代表的な治療方法としては、ケミカルピーリングと呼ばれる、薬剤を使用して皮膚の表面にある余分な物を取り除く治療が行われます。

古くなった角質や、余分な皮脂などを取り除く事により、新しい皮膚細胞が生まれ易くなり、お肌の代謝を高める効果があります。お肌の代謝が高まれば、クレーターが目立ち難くなるだけでなく、他の部分のキメを整える事もできます。

しかし、ピーリング剤の刺激が強過ぎてしまう場合には、お肌にダメージを与えてしまい逆効果なので、自分に合ったピーリング剤で正しい処置を行うには、皮膚科などの専門機関を受診すると安心です。ニキビ跡が残ってしまったからと諦めずに、正しいスキンケアを行う事により、完治させたり改善する事ができます。自己処理で悪化させないように、専門家との相談が大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *