ニキビ治療には低用量ピル

生理前になると、顎や口の周りにポツポツとニキビができてしまう事に悩む女性は、とても多いです。

思春期には、ニキビができなかった人でも、大人になってから突然出来てしまう場合もありますし、生理周期に合わせて毎月のように、似たような場所にニキビが出来てしまい、とても厄介です。このようなお肌のトラブルの事を、大人ニキビとも呼ばれます。生理周期による、女性ホルモンの影響から、肌荒れだけでなく、浮腫みや情緒不安定などの症状が出てしまう、生理前症候群の治療には、低用量ピルが処方される場合が多いです。

低用量ピルと言うと、避妊をするためのイメージが強いですが、生理前症候群などの女性ホルモンのバランスを整える治療にも使われています。毎日決まった時間に、低用量ピルを服用する事により、その効果を発揮する事ができます。

もし、服用し忘れてしまった場合の対処方法を事前に確認しておくと、スムーズに治療を受ける事ができまます。低用量ピルを服用すると、女性ホルモンのバランスが整うので、お肌のトラブルを改善するけでなく、女性らしい滑らかなお肌を手に入れる事もできます。大人ニキビには、低用量ピルなどの専門的な治療も大切ですが、毎日のセルフケアも大切です。

顎や口も周りは、スキンケアを忘れがちな部分ですので、忘れずに丁寧にケアする事が大事ですし、乾燥し易い部分なので、保湿にも注意が必要です。また、食生活の改善や、規則正しい生活をする事も、とても効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *