レーザー脱毛の特徴点

レーザー脱毛は、レーザー光線が黒色に吸収されて熱に変わるという特徴を利用して、レーザーを皮膚に照射し、毛や毛根にダメージを与えてムダ毛を脱毛するという方法です。

レーザー脱毛は医療行為であり、美容クリニックでは可能ですが、エステティックサロンでは施術できません。そのためエステでは出力を一定値以下に抑えることで対応をしています。毛には毛サイクルがあり、成長期にレーザー照射したものだけが永久脱毛できます。成長期に照射しないと毛根に対して十分な熱量を与えることができないからです。

実際に肌のうえに出ている毛は全体の15~20%程度であるため、1回の処置では脱毛効果があったとは感じにくいです。脱毛のための施術を何回も繰り返しても、発毛があることがあります。これは新しい毛が作られたわけではなく、これまで休止期にあった毛が活動を開始したためであり、レーザー脱毛が失敗したわけではありません。

効果を実感するためには最低でも3回目くらい繰り返すことが必要です。レーザー脱毛は毛周期のサイクルに従って脱毛する必要があります。またレーザー照射によって肌はダメージをうけます。

その回復を待たないと次の施術ができないため、身体の場合には2~3ヶ月ごとに1回というペースになります。またレーザーは黒いものに反応しやすいことから日焼けをしてしまうと、火傷などの危険から施術ができません。また色の薄い毛には効果があまりありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *