レーザー脱毛の種類と種類によって違いについて

一口にレーザー脱毛と言っても、同じレーザーを使用している訳ではありません。

医療用レーザーにも種類がある、それぞれに特徴も異なります。現在クリニックなどで使用されているレーザー脱毛の種類はダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザーの3種類です。ダイオードレーザーはレーザー脱毛の中で最も多く使用されるタイプです。

特徴としては照射範囲が広いので短時間で施術が出来ること、日本人の肌に合うレーザーなので肌への刺激が少ないことが挙げられます。また、産毛や細い毛の脱毛に対応出来るのもダイオードレーザーの特徴です。アレキサンドライトレーザーはレーザー脱毛器としては3種類の中で最も古いです。

黒いメラニン色素に強く反応するレーザーなので、毛根を確実に破壊するのはもちろん、シミ・アザの治療にも使われます。ジェルを使わずに冷却装置で肌を冷やしながらレーザーを照射するので、ジェルが苦手な人も利用できます。肌への痛みはダイオードより強いです。

YAGレーザーは他のレーザーに比べ、黒いメラニン色素への反応が弱いのが特徴です。その為、色黒の人や日焼けした人でも利用できます。逆に、メラニン色素が薄い産毛や細い毛の脱毛には向きません。

YAGレーザーは皮膚の奥深くに届く性質を持つので、濃くて太いムダ毛に効果的です。このようにレーザーの種類によって異なる特徴が存在するので、自分の肌の色・毛質・脱毛部位に合ったレーザー脱毛を選ぶのも大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *