法律に定義されている大規模修繕の内容とは

大規模修繕の定義を知りたいと考えているのであれば、建築基準法という法律で確認することができます。

建築基準法とは、国民の生命や健康、財産などを守るために、建築物の敷地や設備、構造や用途などの最低基準を定めた法律です。あらゆる建設工事は建築基準法に則って行われています。このことから大規模修繕の定義も建築基準法の中にあります。建築基準法の中に記されている大規模修繕の定義とは、建築物の主要構造部の1種類以上について半分以上の修繕もしくは模様替えを行う場合をいいます。

このように大規模修繕は建築基準法という法律に則って行われますが、それだけではなく修繕することによって建築当初の資産価値に回復できるというメリットもあります。建築基準法における模様替えとはどのようなものかというと、模様替え前とは違う材料を使って、新たな価値を生み出すことです。模様替えは修繕のように同じ材料を使用しなくてもよいので、資産価値が低下するのを防ぐとともに新たな価値を生み出すこともできます。

大規模修繕では修繕や模様替え以外に改修というものもあります。ただし回収は建築基準法で定義を決められておらず、概念的には模様替えとほぼ同じです。ただし改修は建物の性能や機能を新築の時以上の水準にして、資産価値を高めることを目的としています。改修は具体的にどのようなことを行うかというと、バリアフリーやセキュリティ強化、屋上の緑化などです。住環境に合わせて、高い機能性や居住性を持たせることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *