大規模修繕にかかる法律とは?

マンションを長期間維持管理するために大規模修繕は必要です。

建物は時間が経つと劣化が進み、修繕が必要になります。問題の箇所が見つかるたびに対応することも可能ですが、それでは費用が嵩んで大変です。同じような箇所をまとめて実施した方が、時間も費用もかからないのでお得です。問題がある部分やあやしい部分をまとめて直してしまおうと言うのが大規模修繕です。特に法律で義務付けられているわけではなく、これからも住み続けるためのメンテナンスの意味合いで行われます。唯一タイルの打診検査は10年に1回実施して報告することが義務付けられています。

この時に落ちやすくなっている部分があれば、修繕対象となります。場所によっては、足場がないと対応できないようなところもあります。だから12年程度でまとめて実施しようと言うところが多いようです。大規模修繕で関わる法律としては、壁の打診検査が資格を持っているものしかできないと言うことです。それ以外は修繕の範囲なので、特に決まった資格は入りません。

大掛かりな工事をする必要があれば、役所に届けるなでの法律上で届出の義務が発生しますが。それ以外は特に資格がない業者でも実施することができます。法律で実施が義務付けられていないなら不要なのではと考える人がいますが、実際に劣化したマンションは危険が多いため注意が必要です。気がついた時には劣化が激しく、手がつけられないなんてことになりかねません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *