大規模修繕工事で網戸を取り外す際の注意点

マンションの大規模修繕工事で効率的に作業が行われるためには、ベランダの片付けや網戸の取り外しが非常に重要です。

ベランダに物を置いているとスムーズに作業ができないだけなく、紛失や破損などの原因となります。また窓の周辺のシーリングが外壁の塗装が必要な場合には、網戸を取り外さないと作業を行うことができません。大規模修繕工事を行う場合には住民がなすべきことについて、十分な説明を行う必要があります。事前に準備しておけばスムーズに工事を行うことができます。大規模修繕工事をために網戸の取り外しを求める際には、具体的な外し方を記載した書面などを配布するとよいでしょう。

ドライバーがあれば誰でも簡単に取り外すことができます。自分でやったことのない人は外し方が分からず、不安を感じている場合があります。事前に詳細な説明を行えば安心です。網戸の取り外しを住民に求める場合には、デメリットについても十分な説明を行う必要があります。説明が不十分だと後からトラブルになる可能性があるので注意しなければなりません。

実際に取り外すと虫が侵入することがあります。また工事の騒音を防ぐため窓を閉め切るケースが多く見られます。夏はエアコンを使う必要があるので電気代がかかります。さらに汚れた網戸を家の中に入れる際には、部屋が汚れないように注意が必要です。大規模修繕工事を行う場合は住民側でも行わなければならないことがあります。事前に詳細な説明を行っていれば、のちのトラブルを回避してスムーズに工事を進めることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *