大規模修繕工事における網戸の取り扱いについて

マンションの大規模修繕工事は短い場合でも2か月ほどかかります。

長い場合だと3か月以上となることもあるので、工事期間中に生じる様々なトラブルを回避するため住民への事前告知が必要です。大規模修繕工事の作業自体は2か月から3か月ほどで完了するのが一般的ですが、計画期間を含めると1年から2年ほどかかるケースも見られます。住民への説明会は工事の着工前に行われるのが通常です。工事内容だけでなく住民がなすべき作業などに関する説明もあります。騒音が発生する時間帯や作業員がベランダで作業を行う日程などは必ず伝えられます。

網戸の取り扱いも説明会における重要事項です。大規模修繕工事を行う際に網戸の取り外しについては忘れずに住民への説明を行う必要があります。ベランダの片付けについては説明が行われるのが通常ですが、網戸の取り扱いは盲点となりがちなので注意しなければなりません。工事の作業が行われる前に、住民にはベランダの片付けをしてもらうことになります。植木や荷物などがあると作業がスムーズにできません。

また荷物が紛失したり破損する可能性もあります。事前に片付けておけばトラブルの発生を回避できます。網戸の取り外しも工事の作業をスムーズに行うため必要となります。窓の周囲のシーリングや外壁塗装を行う場合、作業をするためには網戸を取り外さなければなりません。大規模修繕工事を行う場合には住民側にもなすべきことがあります。スムーズに工事を進めるためにも事前にしっかりと説明を行うことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *