大規模修繕で網戸を取り外さなければならない理由とは

10年から15年に1回の周期で行われる大規模修繕工事では、バルコニーの塗装やシーリングを行う際に網戸を取り外す必要があります。

なぜ取り外さなければならないかというと、そのままにしてあると工事の邪魔になってしまうからです。シーリング部分の工事や外壁塗装の時に、網戸を付けたままでいると、十分な工事を行うことができません。いずれの工事も防水に関わる重要な工事なので、しっかり工事が行われるためにきちんと外しておくようにしましょう。もしこの工事が十分に行うことができなければ、将来水漏れが発生してしまう恐れがあるからです。

大規模修繕のために網戸を外すので、工事スタッフが外してくれるだろうと考えている方も多いかもしれませんが、それは間違いで、基本的にそこに住んでいる住民が外すことになります。なぜ住民が外さないといけないのかというと、もし工事スタッフが外すのであれば、部屋に入らなければならないからです。しかし高齢の方などは自分で取り外すのが少し怖いと感じることが多いのではないでしょうか。

そのような時は工事スタッフに頼むことによって外してもらうことができます。このように基本的には住民自身が外すことになるので、取り外し方を確認することが大切です。取り外すための道具はドライバー1本です。取り外し方法はインターネットに検索すれば解説動画で確認することができます。このように大規模修繕工事では住民自身が行わなければならない作業があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *