大規模修繕時の網戸の保管方法とは?

大規模修繕でバルコニーの塗装やシーリングを行う場合、網戸を外さなければなりません。

その外した網戸をどのように保管するかというと、一般的には配布された収納袋に入れて、それぞれの住戸に置いておくことが多いです。しかし家族が多かったり、間取りが少ない住戸だと長期間自宅で保管しておくことが負担になってしまうケースもあります。そのような問題を解決できる方法は、網戸の取り外しを業者に頼むという方法です。網戸は頑丈に取り付けられていることもあるので、素人では外せないこともあります。

そんな時にも専門の業者に頼めばスムーズに取り外してくれるので、居住者の大規模修繕での負担を軽減させる効果があります。業者に頼めば一斉に外してもらうことができるのでおすすめです。大規模修繕の時にバルコニーの私物などをレンタル倉庫に預ける人も多いですが、網戸はサイズが大きいのでお金がかかってしまうのではないでしょうか。また手続きなども手間がかかってしまうというデメリットもあります。

これらの問題を解決する方法として、バルコニーの私物などを一括で移動・保管するサービスを利用することができます。このサービスを利用すれば、バルコニーの私物を大規模修繕の工事が終わるまで預かってもらえるというメリットがあります。大きな荷物を片付ける際のサポートや張り替えサービスなども展開しているので、必要に応じてそれらを活用することが可能です。大規模修繕に関して住民から不満が出てくることもあるので、これらのサービスを検討してみてもいいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *