中古マンションでの賃貸経営を成功させる

中古マンションでの賃貸経営を考えた時には、まず、立地で選ぶことが必要です。

中古マンションという時点で新築物件よりも劣っているわけですから、建物の部分では競争力は低いと言わざるを得ません。その上で立地まで悪いと最悪です。立地が悪いと魅力は低くなりますから、安定して収益を得られなくなる可能性があります。日本の不動産は二極化していると言われています。すなわち、人気のある地域と人気のない地域に区別がつきすぎているとかんがられます。たとえば、首都圏を見た時には、東京23区はまだまだ需要は高く、人口流入も進んでいると考えられますし、横浜や川崎でもまだ増えているそうです。

しかし、東京でも郊外になるとそうは行きませんし、横須賀くらいになるとかなり減少していると考えられます。首都圏でさえこのように明暗が別れるようになってきていますから、それ以外の地域ではかなり厳しものと推察されます。人口が流出する地域で中古マンションを取得したとしても、おそらく長期的に安定した経営を続けていくことはできないでしょう。

どこかの段階で入居率が一気に下がって、それによって運営が困難になる可能性があります。立地が悪ければ、老朽化したマンションを取り壊すこともできなくなる可能性がありまが、立地が良ければ取り壊すまでもなく売却できることもあります。立地が良ければ建物が古くてもなんとかなることが多いのですが、立地が悪ければどうしようもなくなることがありますので、中古マンションでの賃貸経営では立地を重視して物件を取得することは必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *