サブリースと管理委託の違い

賃貸住宅を経営するには、建物の管理から入居者の管理に至るまでさまざまな業務をこなさなければなりませんが、それらを専門の事業者に委託することもできます。

それが、サブリースと呼ばれる経営手法です。サブリース方式では、不動産会社が物件所有者から事業運営全般を任されます。いわゆる管理委託と似ていますが、管理委託では事業者が所有者から管理料を受け取って一部業務を代行するのに対し、サブリースの場合は経営全般を事業者が行うという点が異なります。サブリースを手がける不動産会社は、所有者から借り上げた物件を入居者に転貸して収益を上げます。したがって、賃貸事業の当事者すなわち入居者が賃貸借契約を結ぶ相手は所有者でなく不動産会社となります。この点が、管理委託とは大きく異なります。

清掃や修繕などの物件管理業務も、所有者ではなく不動産会社が管理会社に委託します。お金の流れについても両者は大きく異なります。管理委託の場合は、管理会社が家賃及び管理費を徴収し、その中から自らの取り分を控除して物件所有者に支払います。一方、サブリースの場合は賃料が保証されるスタイルが一般的です。これは、所有者と不動産会社が借り上げ契約を結ぶ際にあらかじめ賃料の額を決めておき、物件の稼働率に関係なく毎月決められた額を支払うというものです。したがって、賃料の見直しを行わない限りは入居者の数が変動しても所有者側の収入は変わらないこととなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *