サブリースではプロがオーナーに代わり賃貸経営を行う

不動産活用の手法としてよく知られているものの1つに、一括借り上げがあります。

これは、事業者が土地のオーナーと契約して建物を建ててもらい、それを長期リースすることで運用するというものです。これを一般にマスターリースといい、企業が社員寮や保養所などを運営する際によく用いられています。これに対して、サブリースと呼ばれる手法もあります。これは、一括借り上げした建物をさらに第三者に転貸(この時に結ぶ契約がサブリースに該当します)し、賃料を徴収するというものです。近年では、アパートや賃貸マンションの経営手法として脚光を浴びています。

賃貸住宅をサブリース方式で運営した場合、オーナーは物件の実質的な経営権を事業者に譲り渡すことになります。家賃をいくらに設定するか、入居者にどのような条件を付けるかといったことは、原則としてすべて事業者が決定します。オーナー側は固定資産税を支払ったり、確定申告を行ったりする他には関与の機会がなくなります。このことは、見方を変えればオーナーには経営責任が発生しないということになります。

つまり入居者が思うように集まらなかったりしても、あるいは家賃の滞納が発生したりしても、その責任は事業者側が負わなければなりません。もちろん、万が一事業者が倒産したりした場合はオーナーも貸し倒れ等のリスクから無縁ではいられなくなりますが、そうでない限りは経営状況すなわち稼働率の如何に関わらず、オーナーの許へは定額のリース料が支払われます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *