サブリースなら仲介手数料が不要

不動産会社を訪れて賃貸物件を選ぶ際には、サブリース契約を含めても良いかと聞かれることが珍しくありません。

賃貸借契約はオーナーと賃借人の間を不動産会社により仲介される方法が一般的ですが、サブリースならばオーナーと不動産会社または管理会社が既に一括で賃貸借契約を結んでいるので、借り上げされた部屋を不動産会社または管理会社から直接借りられます。間に仲介人が入らないことによりサブリース契約ならば、仲介自体が存在しないために仲介手数料が不要となります。仲介手数料は特約により最大家賃の1ヶ月分を払う必要があるので、初期費用が増えてしまう要因となりかねません。そこで、サブリースならば最初から直接契約が出来るからこそ、仲介手数料を支払うこと無く引越し費用に回すといった方法を採用することが可能です。

サブリース契約を行う際には、不動産会社または管理会社から直接賃貸条件を確認出来るメリットがあります。少しでも不明な点があるならば、その場ですぐに確認した上で納得して借りられるわけです。また、賃貸借契約を行う際の審査についても本来のオーナーが審査には携わらないために、申込みから審査完了までの時間を大幅に抑えることが出来ます。引越しを行う際に現在住んでいる部屋の退去期限が近い場合など、転居を急ぐ必要に迫られた人ならばスムーズに手続きが進む点を魅力に感じるはずです。なるべく手続きを簡略化した上で審査を早めることが出来るからこそ、新しい借り方として注目されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *