サブリースは運用ルールが不十分です

アパート経営のオーナーやマンションなどの不動産投資家にとって空室が発生して家賃収入が入ってこないことは最大の悩みで、タイミングが悪いと新しい入居者を仲介業者に依頼しても何か月も見つからず困ってしまうことがあります。

大型のマンションなどはなかなか空室率がゼロという事はあまりなく、常に空室を埋める事で必死にならざるを得ないのが現状です。少し前からサブリースという運用方法が注目されていて、オーナーや不動産投資家から一括で借り上げて、一定額をオーナーたちへ還元してくれる制度です。これだと空室が発生しても安定した収入が約束されることとなり、何よりも煩わしい契約関係や契約更新にかかわる手続きも代行して行ってくれたり家賃滞納などにも責任もって対応してくれます。

アパート経営や不動産投資家のなかには高齢者がいたりさまざまな仕事を行いながら経営している人もいて、これらの手続きをすべて任せられることもとてもメリットが大きいです。そんなサブリースですが、実は法整備や仕組み作りが不十分のためにさまざまなトラブルが報告されており、その中の大部分は契約時の口約束だったり思いちがいが原因です。不動産の売買や賃貸は高額でさまざまな法律や法令が関わってくるので、一般の不動産の賃貸なども契約の前に資格者が事前に書面で重要事項を説明する事を義務化していて、借主の利益を守る仕組みがあります。サブリースはオーナーはうまく活用すれば魅力的な仕組みなので、早く安心して利用できる制度を整備する事が望まれています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *