サブリース活用すれば安定した家賃収入が得られます

メディアなどで一括借り上げのサブリースのトラブルが紹介されていて、社会問題にまで発展していますが、この制度を上手く活用すれば間違いなくアパート経営者や不動産投資家にはメリットがあります。

オーナーにとっては部屋の空室状態が続くのは最大の悩みと不安ですし、家賃滞納や契約時の煩わしい手続きも多忙や高齢のオーナーにとっては負担になります。これらの事項をサブリース業者がすべて行ってくれるのは負担が減って助かります。ですが実際に契約期間中なのに家賃減額請求があったり、必要以上の補修やリフォームを強要されたりするトラブルが発生していてサブリースを検討している人は不安になってしまいます。

業者は登録制ではありませんのでさまざまな業者が存在しているのは事実ですが、多くの業者は不動産取引などに精通している専門家でまずはきちんとしている業者選びが大切です。次に大切なのは通常の不動産取引のように、事前に書面で丁寧に重要事項を説明してもらう事です。不動産取引の場合は、契約書だけでは説明できない要件などを重要事項説明書でやり取りするのが一般的で、トラブルの多くは口約束や認識違いから発生する事がほとんどです。またオーナーや不動産投資家の人たちもサブリース業者任せにするのではなく、自分でも長期的な事業計画を作成してマーケット変化に柔軟に対応できる準備をしておくことも重要で、きちんと将来に起こる可能性を頭に入れてサブリースを活用すればこの制度は魅力的で安定した家賃収入が期待できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *